インプラント
インプラント治療とはどのようなものか、また小林歯科医院で行っている治療法についてご紹介いたします。

インプラントお問い合わせ
インターネットからお問い合わせブローネマルクインプラントotoiawase_04
otoiawase_05

 インプラント施術例

インプラント施術例 治療前
20代 女性/奥歯の欠損部分を改善したいというご希望の患者様。
インプラント施術例 治療後
欠損部に隣接している歯を削ることなく改善。これもインプラントの大きなメリットです。

インプラントとは -うしなった歯を補う方法はいろいろあります-

◆となりの歯を犠牲にしないことがインプラントの大きなメリット、ブリッジですと、両サイドの歯を削らなければなりませんでしたが…
 
⇒健全な歯を犠牲にせずに、美しい外観と自然な咀嚼を回復することができます。 ⇒前歯の美しい外観の回復には高度な技術を必要とします。
 
◆入れ歯では満足しきれなかった患者様のために開発されたインプラント、お手入れの度に取り外したり、入れ歯についている金具が見えてしまうのが気になっていた方。
 
⇒インプラントならご自分で取り外したりせずに済みます。 固定するための金具もありませんので、他の歯に負担をかけません。 入れ歯には抵抗がある、発音がしにくい、入れ歯にはなじめない方に。 ⇒従来は入れ歯と判断されるケースでも、インプラントによって快適な機能回復が可能に。

インプラントを選択するにあたって -カウンセリング-

事前に適応可能か、必要な診査・診断、ご質問にもお答えいたします。 また、施術決定後は、当日までの流れや術後の予定などをご説明いたします。

事前診査① -デジタルパノラマエックス線写真撮影-
デジタルパノラマエックス線写真撮影
顎全体が一望できるので、インプラントに適した状態かどうか等、ある程度の決定をご説明することが可能です。デジタル撮影ですので、撮影直後にはデータを分析できます。また、従来のパノラマエックス線撮影と比較して、被ばく量もかなり少なく済む機器ですので安心いただけます。

 

事前診査② -CTスキャン(頭部断層写真撮影)-
CTスキャン(頭部断層写真撮影)
レントゲン写真で見る情報も大切ですが、二次元の世界では解からない部分もあります。インプラントを決定された患者様にはCTスキャンをしていただき、さらに骨構造、骨幅、神経叢の位置関係など、三次元での情報を得た上で、フィクスチャー(インプラント体)の決定を致します。撮影された情報はデータ解析し、安全でベストなオペレーションが可能となります。

 

感染予防対策 -オゾン燻蒸機(IHI ハリマ空気清浄機)を常時運転-
オゾン燻蒸機(IHI ハリマ空気清浄機)を常時運転
インプラント治療のときのみならず、常時行っていることではありますが、さらに留意した状況を保っております。インプラント治療の際は、周辺機器や床、空気中の粉塵に至るまで、限りなく清潔な状態で手術が行えるよう準備に努めております。

 

快適で安心な環境 -手術専用ルーム完備-
手術専用ルーム完備
周囲から独立した空間は、手術をする上で衛生面でコントロールしやすく清潔です。また、完全個室ですので、周囲を気にせず手術後もゆっくり休憩していただけます。

 

無痛治療 -麻酔医による静脈内鎮静法を実施-
局所麻酔を行う前に静脈内鎮静法を行いますので、とてもリラックスした状況で手術を受けることができます。眠っているような状態のうちに無痛で手術が終了しています。手術後は一時間ほど休憩していただければ、お帰りいただけます。当医院では麻酔科の医師と提携し、手術中は血圧や呼吸、心拍数などをモニタリングしておりますので、術者サイドもインプラント手術に集中することができるのです。(2012年現在 麻酔専門医/日本歯科麻酔学会歯科麻酔指導医・専門医・認定医、麻酔科歯学博士・准教授)

 

専用機器の充実 -インプラント治療用高性能マイクロモーター-
インプラント治療用高性能マイクロモーター
ケースに合わせて細かなプログラミングが可能。高出力・高トルクに加え、充実した各種制御機能が施術をスムーズ且つ安全に行えます。