小林歯科医院(経堂 本厚木/インプラント):審美・セラミック・ホワイトニング・デンタルエステ・歯周治療・予防を中心とした診療を取り扱っております

義歯(入れ歯)

◆金属床の総義歯 (総入れ歯)

金属を使用することにより義歯を薄くすることができるので、保険の総入れ歯よりもしゃべりやすく違和感も少なくなります。また、金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚も優れています。 その他にも以下のような利点があります。
・汚れが付きにくいので清潔。
・保険のものよりもピッタリと合った入れ歯ができる。
・割れにくく、変形しにくい。
・セラミックなどの良質人工歯を使うので、よく噛み切れ、歯の磨耗が少ない。

◆金属床の局部義歯 (部分入れ歯)

保険の入れ歯だと、どうしても歯茎とぶつかって痛みがでたり、厚みが気になったり、歯にかかっているバネが気になってしまったり、また、残っている歯を入れ歯が揺さぶってしまうため、せっかく残っている歯に余計な負担がかかり、グラグラしてきてしまう…などの問題点があります。 金属を使用した部分入れ歯はこれらの問題点を限りなく少なくすることができます。

金属床にすることにより・・・

・薄くすることができるため、違和感も少なく、お口の中が広く感じることができます。
・しっかり精密に、そして強固に装着できるため、痛みも無く、また残っている歯に負担をかけません。
・セラミックなどの良質人工歯を使うので、よく噛み切れ、歯の磨耗が少ない。

治療画像

上の左右奥歯を失った場合の入れ歯の一例です。上あごの金属プレートは薄く快適です。

左右欠損部を補いつつ、バネのかかる歯に悪影響になる負担を与えません。

治療画像

奥歯と前歯を失った場合の一例です。欠損部の負荷をしっかりと支えるフレームです。

バネをかける歯にも特殊な形態を付与してあるのが特徴です。

義歯(入れ歯)

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional